形而上学世界

最先端の西洋占星術による理法

第1講 木星パワー(2018.11.09 射手座に木星入座):mori hiroshi

西洋占星術では、


木星(jupiter)は、金星(venus)と同様、大吉星です。



木星の電磁波は地球の1000倍以上あるとされ、非常に強力です。この時期、あなたにとってツキのある方向で、木星パワーを活かし、大いに成果を上げましょう。



この時期は、特に射手座がラッキー。


木星のもたらす幸運は、精神善の作用が飛躍的に増大し、木星の影響でよい人柄になり、人気が増して、様々な好機が増加したり、他人の好意・評価・支援を受けやすくなることです。また、木星パワーにより、精神的によい体験をしたり、人生のよい発想を得たり、人生の苦労や負担が軽減されたり、よい因果関係を得やすくなるでしょう。


この時期、射手座の貴方は、あまりあくせく働く時期ではないので、仕事からは外れる傾向があるのですが、仕事から離れることによる収入減少にも関わらず、精神的には、よい時期となるでしょう。つまり、金銭・物質を超える発想ができるような時期です。




木星が射手座に滞在する2018年11月09日~2019年12月02日までの約1年間、貴方の星座は木星パワーがどこに作用するでしょうか。



(例)
私は、みずがめ座なんですが、みずがめ座の場合、「黄道十二帯(zodiac)」(下図)のみずがめ座を第1室として(時計と逆回りに)11番目の第11室が射手座になります。2018.11.09に木星が射手座に入座しましたので、みずがめ座の場合、これから約1年間、第11室に木星がある状態になります。この場合、第11室の意味である友交関係や希望実現に、木星の影響が加わることになります。



双子座、てんびん座、みずがめ座(風のサイン)は、知的分野や、対外関係で改善や発展が期待できる時期になります。他人とのよい人間関係を築くのに時期ですので、積極的な仲間作り、サークル活動、会社設立、サークル結成、結婚などを考えるのによく、知的交流や、よいリレーションシップ作りの時期です。


・双子座は、【第7室の木星】で、結婚運、共同事業運がよい時期です。


・てんびん座は、【第3室の木星】で、学習、小旅行など、知的向上を図るのによい時期で、兄弟・知人・親戚関係もよくなる時期です。


・みずがめ座は、【第11室の木星】で、友人関係や社会的なリレーション・シップが向上する時期、希望は実現しやすいので大望に挑戦すると意外な成果も期待できる。


射手座、獅子座、牡羊座(火のサイン)は、自分自身に関連する分野で木星の影響が作用しますので、最もよい影響を享受できる時期です。木星パワーが自分自身に作用する時期なので、全般、幸運で、精神善に包まれる時期。


・射手座は、【第1室の木星】で、貴方の人間性が向上し、人気も増し、全般的に幸運な時期。自己主張や自分自身の善意ある行動から幸運がもたらされるような時期です。


・しし座は、【第5室の木星】で、恋愛・社交運がラッキーな時期


・おひつじ座は、【第9室の木星】で、学問研究や高度技術の習得など自己向上チャンス期、外国関係も幸運な時期です。また、有力者の支援を受けやすい時期です。



牡牛座、乙女座、山羊座の方(地のサイン)木星パワーが家庭生活に作用する時期なので、家庭運のよい時期です。
家で過ごすのよい時期です。全般的に穏やかな時期です。


・牡牛座は、【第8室の木星】で、他力運が増して融資を受けやすくなる。融資が必要な事業を興しやすくなる。財運向上も期待できます。


・乙女座は、【第4室の木星】で、家庭的な時期です。家族との団欒を楽しく過ごしたり、家庭生活を楽しく過ごせるように改善したりするのによい時期。


・山羊座は、【第12室の木星】で、孤独を楽しむような時期ですが、明日の準備という意味もあり、穏やかな環境で学習したり作業するのによい時期です。



かに座、さそり座、魚座(水のサイン)は、木星パワーが社会活動に作用する時期で、社会活動で幸運なチャンスが与えられやすい時期ですが、同時に、現実的な努力も要求されますので、タナボタ式の幸運期ではありません。真面目に努力向上して認められる時期です。


・さそり座は、【第2室の木星】で、優れた収入方法のアイデアを発想しやすく、収入増加が期待できますが、実現化努力も必要です。


・かに座は、【第6室の木星】で、職場・労働運がよい時期、技能向上を目指すのもよい時期です。


・魚座は、【第10室の木星】で、社会的信頼感が増し、社会生活で発展が期待できますが、信頼に応えるといった真面目な努力も必要です。いずれも社会生活での幸運がありますが、真面目な現実的努力も要求されます。





黄道十二帯(zodiac)